矯正の治療費 (消費税別)

三重県四日市市のさくら歯科は、平成28年現在全国33番目、三重県下初のMyobrace members に認定されました。
また、日本一般臨床医矯正研究会・日本フェイシャルオーソトロピクス研究会・日本口腔育成学会・顎顔面口腔育成研究会・床矯正研究会に所属しております。
四日市のさくら歯科では、お子様の将来の健康を害する可能性の高い床矯正単独治療は、現在行っておりません。
現在ではお子様を将来健康に導くのに適した、MRC矯正を中心にしております。

1.相談料(令和元年6月改訂)

10歳未満のお子様

原則無料。
ただし、受け口のお子様に限り6歳以上は下記と同じ費用がかかります。

10歳以上のお子様

(1) 以前より定期的に当院に予防処置等で通院しておられたお子様
(2) 10歳未満のご兄弟も同時にご相談戴く方
(3) 保護者が以前から当院に通院しておられた場合

 

上記(1)〜(3)に該当する方は無料
それ以外の方は説明料として1家族1,000円(ただし、30分以内)が必要です。
相談・診断後の説明の際にお部屋にお入り戴けるのは、スペースの関係上一家族3名様までです。
成長期の矯正治療は、低学年に開始しないと治療に大変手間・期間がかかります。
特に受け口は、上の前歯が乳歯のうちに開始することが重要です。
矯正治療開始のタイミングを逸さないためにも、お子様が普段から通院する歯科医院は、慎重に選択してください。   

2.診断料(消費税別)

0歳〜1.5歳

5,000円

1.5歳〜3歳

10.000円

3歳〜6歳(V-Kidsを使用する場合を含む)

20,000円

6歳から

45,000円(矯正治療を前提としたときのみ)
ただし、既にV-Kidsを使用しているお子様は再診断として10,000円のみ

3.基本的な治療費(消費税別)

歯がはえる前後〜4歳くらいまで:口腔育成・予防矯正

毎月の再診料(下記)のみ

永久歯が生える前
V-Kids(口腔育成)からはじめる場合

100,000円

マイオブレイス(矯正治療)からはじめる場合

250,000円〜

乳歯がたくさん残っている場合(4歳前後〜7歳前後(個人差が大きい))

マイオブレイスを中心とした装置を使用します。
370,000円が基本ですが、正確には診断を行った後に決定します。
V-Kidsからはじめたお子様は、上記費用からV-Kids作成料を引いた金額になります。

ほぼ全てが永久歯の場合(8歳前後〜10歳前後(個人差が大きい))

上記「乳歯がたくさん残っている場合」か「乳歯が残っていない場合」の何れかと同じ

乳歯が残っていない場合(11歳前後〜15歳くらい)

主に3Dリンガルとブラケット・マイオブレイスの併用で治療します。
540,000円〜
但し、抜歯が必要と判断したケースは、当院での治療は行いません。
また、成長がほぼ止まる年齢からの矯正治療は、特殊な場合を除き行っておりません。     

再診料(装置調整・経過観察)

3.000円〜5,000円 但し、当院では一定の条件を 満たした場合)
通院は多くの場合月1〜2回程度ですが、最初の1ヶ月は更にご来院戴く必要があります
虫歯予防処置は別途費用が必要です。)
機能訓練に必要な器具は、別途購入が必要です。
詳細は、ご相談時に説明しております。

その他矯正の治療費

その他、治療期間の短縮を目的として、あるいは治療の難しい場合などにはブラケットや他の装置を使う場合があります。
詳細は、必要状況に応じ説明しております。

健康保険について

矯正治療は、その全課程に於いて保険外診療となります。
但し、ご相談の際は身分証明証として必ず健康保険証をお持ちください。